ウォーターサーバーの仕組みを知ろう-ウォーターサーバーランキング情報隊

ウォーターサーバーを利用したことのない方が疑問に思うことのひとつとして、ウォーターサーバーの仕組みが挙げられます。何故、ひとつのサーバーから瞬時にお水とお湯が別々に出るのか、疑問に思ったことはありませんか?触れてみると分かるのですが、ボトルの中は、常温の水が入っているだけのようです。そこで、ウォーターサーバーの仕組みについて、簡単にご説明致します。

実は、ウォーターサーバーの中には、ふたつの貯水タンクが内蔵されています。温水タンクと冷水タンクの中で、一定の温度を保つように設定されています。よって、大量の水を使用した場合に、タンクの水が使い果たされると、規定の温度ではない水が出ることもあるようです。

温度調節には、電子式タイプとコンプレッサータイプがあるようです。電子タイプは、家庭用ウォーターサーバーに多く採用されている方法です。ペルチェと呼ばれる素材に電気を通すことで、タンクを冷やす効果があるそうです。冷却時間が長く掛かることがデメリットですが、タンク自身に保温効果があるため、消費電力を抑えることが可能な点が最大のメリットです。

コンプレッサータイプは、冷蔵庫と同じ冷却法を利用し、タンクを冷やします。タンクの周りに冷媒配管を巡らせ、冷却させる方法で、短時間の冷却が可能になります。こちらは、常に電気を使用し、温度を保つために、消費電力が高くなる傾向にあるようです。また、温水の場合は、どちらも金属棒を加熱する方法で水を温めるようで、違いは無いようです。
ウォーターサーバー選び方ガイド~価格・口コミ・比較ランキングに詳しい情報がたくさん集まっていますよ!

Leave a Reply